ヘアケアの基本とは

ヘアケアの基本について

ヘアケアに必要なアイロンを使う

ヘアケアの必須アイテムであるアイロンの使い方を説明します。まず、熱が発生する製品の性質上、顔や首の周りなど、やけどに注意して下さい。髪が濡れていると、乾かすことに熱を使うので肝心のスタイリングが上手く行きません。濡れた状態で使うと髪の傷みにも繋がるので、髪は必ず乾かしておいて下さい。ヘアケア用のスタイリング剤などを使う人は、乾いてからか、終わってから後で付けるようにして下さい。髪が絡まっている場合も上手く行きませんので、事前にブラッシングしておきましょう。予め、目安となるクリップを留めておけば、ムラのない仕上がりになります。同じ部分を繰り返し挟むと髪が傷むので、髪の温度に気を付けて、冷ましながらやりましょう。慣れると短い時間でも凝った髪型に変身出来るので、焦らず少しずつチャレンジして下さい。

アイロンを使用して髪型を維持

湿気や雨の日などは、くせ毛がある人にとってヘアースタイルが決まらなくなり、家を出る前はしっかりとセットしていても時間が経っていくうちに段々と髪が広がったり、癖が出てしまいます。男性の方のヘアケアとしてアイロンを使用する事によって、髪のくせや広がりなどを防ぐ事が出来て、湿気や雨の日でもヘアースタイルをキープする事ができます。ヘアケアとしてアイロンを使用する事で、まとまりにくい髪の毛でもしっかりとストレートを維持する事が出来て、髪のツヤやはりなども整える事が簡単に行う事ができます。湿気に強いヘアースタイルをキープできます。

↑PAGE TOP